車買取の本質を示すある小学生の一言

日常生活の何気ない一言が、物事の本質を表現している事がたまにあります。その一例は、本日私がある街中にて耳にした言葉です。その言葉は、車買取の本質を表現しているように思いました。

 

どのような言葉を聞いたかというと、「安い。それはちょっと待った方が良いのでは」というニュアンスの一言ですね。発言していたのは、見知らぬ少年でした。恐ら小学生だと思います。ちなみに、その小学生のお父様に話していたようです。

 

まず、何に対して「安い」と思ったのかは不明です。私はその会話を全て聞いていた訳ではないからです。恐らくお父様は、何かを売ろうと思っていたのでしょう。それについて、小学生が一言コメントを付けた訳ですね。

 

その次の一言が印象的ですね。ちょっと待つべきというのは、車買取でも大いにあり得る話です。
車買取では、業者から金額を提示されますね。その時に即決をするか、保留にするかの2通りになります。上記の「待つべき」というのは、後者のパターンを指しますね。もしも業者が提示した金額が安いと思ったのならば、上記の小学生のお子様がおっしゃる通り即決をせずに待つべきだと思います。
セレナ買取相場

 

ただそのような判断ができるのは、相場を知っているかどうかに左右されますね。車買取の業者が提示した金額が相場以下なのであれば、そのように判断できるでしょう。相場を知らないと、その判断もできません。上記のお子様は、恐らく何かの相場を知っているので「待った方が良い」とお父様にコメントしていたのでしょう。相場を知らないと、そもそも「安い」という一言を発することも無いと思います。

 

あのお子様の一言は、何となく「車買取の本質を表現していたように思えてならない」と本日私は思った次第です。